Argentina's Vice President Cristina Fernandez de Kirchner gestures to President Alberto Fernandez outside the National Congress during the opening session of the legislative term for 2022, in Buenos Aires, Argentina March 1, 2022. Natacha Pisarenko/Pool via REUTERS
Argentina’s Vice President Cristina Fernandez de Kirchner gestures to President Alberto Fernandez outside the National Congress during the opening session of the legislative term for 2022, in Buenos Aires, Argentina March 1, 2022. Natacha Pisarenko/Pool via REUTERS

1.-精神科の国

精神科の国では、内部外交の合理的な落ち着きが対応しています。緩和のターン。

フレンテ・ド・トドスの山には、対決の情熱によって動員される2つの側面があります。

精神医学的データが放映されます。エル・ポエタ・インポピュラーであるアルベルトは、電話やラ・ドクトラの秘書に応答しません。

別の事実は、上院の投票後の幸福感をほのめかしています。アルベルトは無責任な喜びを放つ。

彼は政治的存在の唯一の原因であるラ・ドクトラの敗北に喜んでいます。

罰せられないアイデアは、復讐の表現に循環します。罪の国のための資金を「踏みつける」。

「アクセルのお金は終わった、彼は別のハンドルを見ていない」

ゴシックのアクセルは、有機副官にドクターの要請で投票を変更することに同意するよう奨励していました。

実際、プラティタのダニエル・ゴランは、支持の基礎から棄権へと移行しました。

「彼女が尋ねたら、あなたは彼女に耳を傾けなければならない」 とゴランは彼女に言った、「アクセルは他の同僚(アルベルトに内密に警告した)に言った。

「しかし、したがって、州の銀を踏むのは気まぐれです。」

幸いなことに、アルベルトは「しわの技術でタフな男」のネスター、エル・フューリーのようではありません。

アルベルトは「決めたらすぐにシワになる」ひねくれた人です。

ビセンティンと同様に、アルベルトは戻ります。そうすれば、罪の国のための資金があるでしょう。

銀は、コンソーシアムのペロニズムのリーダー、ビクトル・サンタマリアによるグルポ・オクトゥブレの標準牛乳にも流入します。

アルベルトは、Gisela Marziotta副議長の投票(反対)に責任を負わせるという「マチルラ」の概念のために、原則として牛乳を凍結すると脅した。

厳格なジャーナリストは、ロザリオモデルであるカロライナロサダ夫人の立法上の先例として自分自身を課しています。

また、マルツィオッタとロサダの両方の女性は、テレマンスクール、バリトンで訓練を受けた大胆なジャーナリスト、ラポルトパロールであるガブリエラセルッティ夫人の背景としてもリストされています。

「背景のアルベルトは良いミルクパンで、ゴールキーパーはそれを望んでいない…」、ラ・ガルガンタを確認。

「政府は自らの粉砕に資金を提供し、主流メディアにゴミとして大金を払っている」

しかし、コンソーシアムのペロニズムは反対であり、ページ1 2中毒者では、将来を担うイデオロギー的楽観主義が再び優先されます。

アルベルト・フェルナンデス・セルジオ・マッサ・マキシムス・キルヒナー
アルベルト・フェルナンデスと副マキシモ・キルヒナー

2.-エラーの溝に身だしなみを付けた

「彼女の軸を剥ぎ取られ、焦点が合っていない」 と、ドクターは反対側で煮詰められる。

もう一つの精神医学的事実は、彼が「ウラジミール・プーチンと恋に落ちた」と考えている。

プラトニックな牧歌とは別に、ドクターは反射神経の喪失を示しています。彼は巧みなシャンボナーダに身を任せる。

子供のラ・カンポラの反帝国主義の斜面を滑り降りるまで。

軸から外れ、エラーの溝に手入れされ、第3選挙区で座屈し、医師は間違いがないと想定しています。今日それを打ち負かしたと想定している大統領をツイートを通じて任命したなど、暫定政府に残っているものに対する内部外交。

彼自身の再選プロジェクトのせん妄に寄りかかっている程度まで、降下の侵食において、中心性を垣間見る明白な方法として理解されています。

アルベルト・フェルナンデスが主宰するラ・ドクトラ政府はほとんど存在しない。

徐々に閉じる括弧です。

全体を無視する省庁と事務局の群島。

運転不足は圧倒的です。群島は大陸の一部ではない何百もの島に溶け込んでいます。

精神科の国には代替手段がなく、両国は絶滅への欲求に熱心に立ち向かいます。

今こそ内部外交の番だ。混沌とした国の政治を付与の芸術と解釈すること。

ラ・ドクトラやラ・アジェンシアがいなければ、知事や労働組合員から離れたところに同情しているが、アルベルトはバルカルセとイポリト・イリゴイエンの隅に到達しない。

そして、ドクターとエージェンシーの両方は、地方の本当のペロニズムがなければ、「後期フレパシト」の悲しい例を克服することはほとんどできません。

コンパクトな閉回路機関(パン箱のパン粉さえも食べる)の本拠地に関心のある箱の取り扱いを保証しない証言の存在。

Infobae
アルベルト・フェルナンデス大統領とクリスティーナ・キルヒナー副大統領、セルジオ・マッサ下院議長

群島

27ヶ月のウェブカメラセックスが過ぎ去った。パンデミックは克服され、同時に、素晴らしい瞬間を経験していない野党の群衆との合理的な合意を表す原則が基金と合意して登録されました

彼は一緒に彼の群島をより武装させ続け、みんなの無駄だけが帰還のユートピアを促進します。

Heniolのオラシオ・ロドリゲス・ラレッタが目を覚ますようです。彼は、大統領職は可能な冒険であると認識しています。

「設立」は、実行可能なプロジェクトとしてオラシオによって設計されました。

準決勝では、彼は絶滅の天使、マウリシオ・マクリに降伏できるのではないかと懸念されています。

精神科の国を補完するために、エルアンヘルは橋の博学に組み込まれた有名人として建設します。

ユントス諸島は、ミレイ津波から身を守るために、天候に注意する必要があります。

メトロのライオンは、カースト全体を引き継ぐ精神医学を脅かしています。それはそれを軽蔑することによってのみ政治的配慮の中で成長する。

PROの島で彼らが津波に魅了されれば、彼らは「エンヴィアグラド」急進主義の島々の解放に直面するでしょう。

その後、ユントス諸島は緊張にあふれています。彼らは、マリア・ユージニア・ビダル夫人、ラ・チカ(デアンジェラーダ)・デ・フローレスが「州を降伏させた」ことを秘密裏に維持しています。

そして、それは、県からエルバーミリオンのディエゴサンティリまでそれを実行するための天使の理想的な道具であるラモントネーラデルビエン夫人のパトリシアからそれを回復することを目的としています。そしてもう一人の元ペロニスト、クリスティアン・リトンド、エル・ポトロ。

ユントスはまた、内部外交の必要性を求めている。破裂が魅力的な道として湧き出るとき、継続することを認める芸術。

内部外交は、Everyone(そして、Juntosの程度は低いが)の積み重ねに不可欠である。

全部で、指揮者であるセルジオマッサは、鎮痛剤の配布、バリウムとの緊張の軽減に申し込むことができます。

マッサは立法出口のロックを解除することができました。彼は相手を甘やかして愛撫し、ブレグマン夫人、ローザ・ド・ルクセンブルクにキスをし、エージェンシーの「少年たち」の演劇的反応を封じ込めました。特にインフルエンサーのマキシモから。

彼はヘラルド・モラレス、エル・ミラグリト、そしてエル・メネムシトのフアン・マンズールに助けられました。彼はラ・パハレラと上院の迷宮を保護した16人の知事とともに暫定的に現れました。

内部外交の頼みは、特に、歴史の港(そして裁判所のドア、遅れた解決策)に、焦点が合っていない、剥ぎ取られ、空気なしで到着するLa Doctoraによって対処されなければならない

そして、アルベルトを救うことができるのは内部外交です。彼は暫定政府に1年余り残っています。

社会は疲れているが、反応する力はない。理想的には、統治されていなければ、少なくとも精神医学の周辺で一斉に管理できる。

アルベルトが主宰するラ・ドクトラの脆弱な暫定政府は、内部外交の深い形式を待っている。

そして、それほどドラマのないJuntosの積み重ねも。

読み続ける:





Fuente