米国はニカラグアでの弾圧の4周年を思い出した

米国は、ダニエル・オルテガ政権がデモを無力化し、約355人が死亡した「暴力的抑圧」の4周年を思い出した

米国は、2018年4月にニカラグアでオルテガ・ムリーリョ政権が民主化反対派を激しく弾圧したことを記念していると西半球問題担当国務次官補のブライアン・A・ニコルズ氏はツイッター・アカウントのメッセージで述べた

作家とともに、ニコルズはオルテガ政権を「独裁政権」、「家族独裁政権」と名付け、中米の国を「パリア国家」に変えるというビデオを共有した

この画像は、4年前、何千人ものニカラグア人がマナグアや国内の他の都市に浸水し、物議を醸している社会保障改革の拒否として始まったものが、「すぐにダニエルオルテガと彼の妻ロザリオの政府に対する不満の表明になった」と説明しています。ムリーリョ

ニカラグア人は、オルテガ家を豊かにし、人口を貧しくする腐敗にうんざりしていました。彼らは市民的自由の奪取にうんざりしていた。ニカラグア人は変化を求めていました」と米国が公開したビデオは言います。

その後、「政権は残虐行為で対応し、少なくとも350人の市民を殺害し、数千人を負傷させ、数十万人を亡命させた」と述べた。

米州人権委員会(IACHR)によると、執行部がクーデター未遂と説明した抗議行動では、少なくとも355人が死亡したが、地方組織は684人に引き上げ、政権は200人を認めている。

米国は、「2021年11月の選挙に先立って、オルテガ・ムリーリョはニカラグアの人々に対する弾圧を倍増させた」ため、「ニカラグアの危機は2018年4月の抗議行動で終わらなかった」と強調し、野党大統領候補7人を投獄した

選挙が盗まれた後、彼らはニカラグアを全体主義国家に押し付け続けた」とビデオは非難した。

ワシントンによれば、「王朝の独裁政権を設置したいという彼らの願望の中で、(大統領)夫婦は過去の別の独裁者、アナスタシオ・ソモザ・デベイルの形をとった」。

独裁政権により、何千人ものニカラグア人が亡命し、ニカラグアを国際社会から孤立させた。この家族独裁政権下で、ニカラグアはパリア国家になった」と米国は述べた。

米国は、「民主主義、安定、繁栄の中で生きたいという人々の願望を支援する」ことを再確認し、国際社会とともに「繁栄する民主主義の中でニカラグアの未来にコミットしている」と再確認した

ニカラグアは2018年4月から政治的および社会的危機を経験しており、11月7日の論争の的となった総選挙の後、オルテガが妻のロザリオ・ムリーリョを副大統領として5期目、4期連続、2期目の再選で強調しています。刑務所にいる候補者だ

(EFEからの情報付き)

読み続ける:





Fuente